UberEatsを始める方向けの有料マガジンも連載中

にゃんこ先生

1/6ページ

ミヤシタパーク内「渋谷横丁」の活況にみる日本版クラウドキッチンの可能性

東京都の飲食店時短営業要請も開けた9月17日木曜にミヤシタパーク内の「渋谷横丁」へ顔を出した友人が、渋谷横丁が人が多すぎて入れなくて散歩だけして別の店に行ったと話していた。 彼も私もコロナ禍で店舗物件需要が無くなっていることについて常日頃から意見交換をしており、これから店舗物件はどうなっていくのか、もう一段階掘り下げると店舗を借りてくれる外食産業がどうなるのかと、動向を注力している。 ミヤシタパー […]

DX
  • 2020.07.23

with(アフター)コロナの外食産業はどこへ向かい、そして何をするべきなのか

「with(アフター)コロナの外食産業はどうなって行くのでしょうか?」 この言葉を最近よく耳にする様になりました。 私は飲食店の専門家というよりも、飲食店DXの専門家なので外食産業の未来を予測することは難しいかもしれないです。けれども、その分だけ他の業界のことは飲食店の偏りもよく知っています。 これまで起きていることや、他の産業を見ることでいくつかはっきりとわかっていることはありますので、4つの要 […]

DX

居酒屋がやるべき4つの「普通のこと」

218万円の絶望 南千住で焼魚専門店「ローストフィッシュ」を経営する黒もふもふの手元に残った最後のお金だった。店の家賃が30万円、社員1人で30万円、バイト3人で30万円、仕入れで30万円、その他出費で30万円、売上が100万円、赤字が…80万円。これに自分の生活費30万円を差っ引くと、月の赤字は110万円。 手元に残ったこの218万円がちょうど2ヶ月で無くなる計算になる。 黒もふもふは昨年秋から […]

DX

vol.8.UberEats専門店運営の教科書

毎週月曜日に配信している有料マガジンのチョイ見せです。 今日は火曜日ですが。。 今週はUberEatsからちょっと脱線して、飲食店が通販を始める手順について。どうやって売るかではなく、営業許可やどうやって製品を作るかについて。5000文字を超えてしまったので今回は前編としてOEM製造で商品を作って通販をする方法について体験談を書いています。   続きはこちらからご購読ください https […]

DX

vol.7.UberEats専門店運営の教科書

毎週月曜日に配信している有料マガジンのチョイ見せです。 月曜配信と言いながら火曜になってしまいましたこと、お詫び申し上げます。UberEatsの売上データが手元に上がってくるのが遅いと…と言い訳モードですが、よく考えたら売り上げ部分以外を先に日曜に書いてしまえばいいだけなので、次週以降は月曜発行を基本に頑張ります。 続きはこちらからご購読ください https://note.com/yang_pin […]

もし新型コロナウイルスで売上が落ちる飲食店が『UberEats』を始めたら

終わりの始まり 「金曜のご予約キャンセル承りました。いえ、しかたないですよね。また、お願いします。」 渋谷でもつ鍋や『いつかは本気出す』で店長をしているシロネコは、新型コロナウイルスの蔓延による予約キャンセルに頭を悩ませていた。 IT企業を中心に、オフィスに出社しないテレワークという働き方が広がっていて飲食店は壊滅状態だった。もつ鍋やの2月は書き入れ時なのだが、このまま行くと前年同期比10%減、い […]

Uber Eatsのお店側手数料と消費税の関係

UberEats手数料と消費税について Uber Eatsを利用している店舗が支払う手数料と消費税について解説をします。この記事は飲食店さん向けに書いていきますので、一般の方はスマホの戻るボタンでお戻りください。飲食店の方は、いつも謎に引かれるアレを一緒にきちんと解剖していきましょう!   実際の数字を見てみましょう これはUber Eatsでユーザーさんが1850円の注文をした時の画面 […]

UberEatsの出店初期費用はいくら?

UberEatsを始めるための初期費用金額 飲食店をやっている方や、これからUberEats専門のお店を始める為に、その費用を気にする人もいるかと思います。でも、UberEatsのサイト見ても問い合わせとかなってて、金額書いてないんですよね。 話それますが、オフィス物件探してて値段が問い合わせとか、何かツール探してて値段は問い合わせとか、めっちゃストレスたまります。良いものがあって使いたい、値段も […]

UberEatsのレストランが支払う手数料はいくら?

レストランがUberEatsに支払う手数料 支払い方法は振込金額からの相殺 自前で用意した時との比較 ※ちなみに、UberEatsに載せて注文をとるけれど自前で配送するというプランもあります。 うまく利用するために お店側としては、家賃や人件費などを増やさずに、売り上げだけをあげることが一番利益になります。 営業時間中にUberEatsのスイッチをオンにして、売り上げを上げつつ、お店の宣伝チラシを […]

1 6